Terraon Lifestream

戦争ものは主人公のいる場所が戦場に”なってしまう”か本人が”赴く”かしかない。

2009 1月 29th
0 Comments

morgan-coffee

なうモーガン@cofeeヽ(゚∀゚)ノカリフォルニアどん万歳☆

さっき話していて今更ですが感じたこと。

  • 日本で”なってしまう”型は「パトレイバー2」
  • 「バトルロワイアル」や「リアル鬼ごっこ」も亜流の戦場ものである日”なってしまう”。
  • 当たり前の日常が戦場になってしまうのがミソ。日常>非日常の転換と
  • 舞台が兵役のある国で戦争が常態だと、基本的には”赴く”タイプに。
  • 「ほしの声」は日本製でどっちの要素もあるのが面白いけれど根は”赴く”型。
  • 日本人が”赴く”と本物を知らないだけに戦場の描写は胡散臭くなり易い>正面から描くには覚悟が要る
  • 自然と変化球が多い>独自設定やSF

カテゴライズや言語化は自分の理解の為というより

人に分かってもらう為に必要だと思ってます。

 
後そう、来月チームに新人(といっても中途だけど)が入るので楽しみ過ぎる感じ。

根が美術系で、笑っちゃうくらい綺麗な画を描いて来たの。

この路線なら撮影は最高に面白くなると思う、楽しみです。

 

Filed under Life





(Won't be displayed)


Your Comment:

Recent work (Just a hobby!!) - on Vimeo