Terraon Lifestream

夢恋写真展行って来たよっ(゚∀゚)

2009 5月 26th
0 Comments

“夢恋”-タイトル用

夢恋写真展原宿のサイケなアートカフェギャラリーで開催の4名のフォトグラファーによるグループ展。前情報はそんなに知らなくて、何かヘッドフォン女子やってるらしいぜみたいなのだけがあって。

とりあえずハチさんがモデルでYUKI-TOさんがフォトグラファーの一人でって所で今行かずにry・・・と。、昨日が最終日だったので午前に作業を一度切り上げてスタジオ稼動前に覗いて来ました。原宿〜高円寺間は自転車で20?30kmフラットの走行なら30分くらい。直行すると近いです。

白い空間に二部屋分の展示室。モデルさんは雰囲気あって綺麗だし、会場にはゆきとさん始め制作者もちらほら出入りしてる。広くないけど狭いわけでもなくて、作品?観る人?作った人の絶妙な距離感は滅多にない心地よさでした。

ちっぴりお話しする時間もいただけて、ゆきとさんが僕の(注・lここフラグ)白石の写真を見てくださっていて嬉しいやら恥ずかしいやらだったのですが、どきどきの中でも、「ですよねー」みたいな部分もあってそこはちょっと安心できたり。
撮影された写真は誰の作品かという永遠のwktkの話。
まず写真は肖像権と著作権て明確な指標がある。
写真生誕100年、著作権はもっと後。
だけれどそこは権利の話で。作品のクリエイティビティは誰のものか、という点に関しては概して微妙であいまいなまま来てる。
簡単に言っちゃえばコラボレーションって事なんだろうけど、
仕組みや言葉だけでクリアになるほどシンプルじゃない部分をどう摺り合わせて日々の感覚として落とし込んでいくのか。
今回もハチさんの作品だから(知人の作品は大体見る)、という事が最初のモチベーションだったのだけど、行ったら行ったで、まさに僕もそうだけど(フラグ回収)撮影したディレクター的な意味でのカメラマンもやっぱり「これは自分の作品」という想いはあって、、、なーーんとも、そういうの考えるのはいくらでも愉しいですね(ぺ∀゚)へ!!
一度人間関係とか全部なしにして、撮る人、写る人でその辺の話をしてみたい。
もしくは聞いていたいと思うよ!

少し逸れますが、映画に限っていえば監督ってビジョンを伝えるのがメインの仕事だから結構な場合、実際に手を動かして物理的に作ってるのは別の人。だから謙遜もあるんだろうけど、作品は皆のモノって言い方を聞くことがあります。ビジネスライクなプロデューサーが口にしそうな、「お客さんのモノ」という言い方もあるけれど、そこはお客さんの為のモノって言い方のがまだ健全な気がします。
誰かからのプレゼント。「お前のものだ」「貴方の為に作りました」
どっちが嬉しいのかなとかそういう話でもいいかも知れない。

会場には40分ほどいた後、写真集GETして帰りました。
お菓子とお話、ごちそうさまでした&楽しかったですヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

@お会いできた方々
ゆきとさん
かりんさん
凛さん
どこかでまたご一緒できると嬉しいです。

最後にデザインフェスタギャラリーの映像。

ふぉーえばも初コンタクト。

foreever21

こちらも併せてどうぞ!

Filed under Friend, Life





(Won't be displayed)


Your Comment:

Recent work (Just a hobby!!) - on Vimeo