Terraon Lifestream

FumeFX RND

2010 5月 23rd
6 Comments

KEIさん、コバタロさんに感謝。

  • 色とびはよくない(特にリアル系)
  • 特定条件でTimewarpが効く(最後のケースだと10倍に引き伸ばしているけどほとんどわからない)
  • Turbulenceを≠0まで下げた場合、Vorticityを1以上に設定することで巻き込み感を出しやすいけど不自然な丸みを消すのが大変、というか詰め切れなかった。
  • Turbulenceそのものは極端な数値を入れると面白く振舞う。
  • キーはアランのチュートリアルでもかなり打ってる。人によって個性が出そう。
  • 複雑なシーンはPhotoshopで爆発イメージを描いてから調整に入るとゴールが早い。
  • 特にParticleSrcだけど、発生した最初のフレームのボクセル?が全然綺麗じゃない(まるいポコポコに)。
  • ↑は現状コンポやモーションブラー、そもそも隠す、Fume上では現状解像度を上げる事でしか解決出来てない。
  • 気がついたら追記します。

サポートスクリプト
FumeSourceManager
AMcKay_FFX-QuickSimRender
FumeFX_Partitioner
FumeFlowFloater

こちらも併せてどうぞ!

Filed under CG

Rayfireのプロパティ和訳途中まで – (ソースPSD付)

2010 4月 20th
6 Comments

表題とは関係ありませんが、今日はTwitterで知り合った方の関係で、スタジオに学生の方が15人ほど来られました。

僕の感じる撮影のムーブメントだったり、1個人として映像にどう関わっていくのかといった事だったり…そもそもが映像業界に行きたくて、中でも自主的に動いているグループが中心だったので、基礎的な話も通りが良く前向きな意見交換が出来たのではないかと思います(楽しかったですよ!遠路足を運んで下さってありがとうございました)。ちなみにTwitter率も高かったです。最後に食事会もあったのですけど持ってなかった人はその場でアカウント取ったりしてました。動け動け。こういう機会はもっと欲しいですね。

CGを勉強中の学生でTwitterといえば@hata_kou さんのユーザーリスト:CG Student Japan というのもあります。気になるor自分が入ってないって方はどうぞっと。(他に Japanese CG Artists と フリーランスの映像屋さんやアニメコンポジット系ユーザーの多い?Aftereffects-users-list もお勧め。随時アップデートしてますので宜しければ抜けなどご指摘下さい。?)

titlepic_rayfire_tutorial_jpn2

さて本題。今回3dsmaxの破壊シミュレートプラグイン”Rayfire“を勉強するに当たってInfinity Lightさんのエントリに随分助けられました。最新のRayfireではUIが新バージョン(v1.5)にリプレースされたこともあり、自分用に対応表を欲しいなと作ってる最中です。といってもまだ分からないプロパティがたくさん残っていて、とりあえず確実なのはという所でInfinity Lightさんの公開されているものを現段階では転載させて戴いているだけなのですが、これだけでもかなり便利になったのでシェアしようと思います。(Infinity Light様、事後確認になってしまいましたが何か問題ありましたらご指摘下さいませ。宜しくお願いします。)

ソースのPSDファイルをこちら(画像もLink↓)

11cba7cb0ca529682d24a12a38b36e01

に置いておきますので必要な方はカスタマイズして使って下さい。(もしくはここはこうだぞって指摘頂ければ僕の方でアップデートもします。@terraon か teraomeister@ジーメイルまで。 基礎的な部分ですしうまく協力し合えれば良いなと思います。)

01_tab_Object

02_tab_Physics

03_tab_Fragmentation

06_tab_Layers

以下の動画は機能を探ってる段階で出来たプレビューの1バージョンです。破片の隙間からパーティクル出そうとしたのですけど衝突の計算が重いので実験ですし何となく浮かせています、ここからFume発生させるイメージ。プロパティはもっと追い込まなきゃ。この類型はパターンも遊べて面白いですね。ただ、この大量の破片に打たれたキーフレームが厄介。キーリダクションが重くほとんど無理な感じなんですが、そもそも選択も時間食いますしシーンデータもやたら大きくなるのでなるべく解決したいポイントではあります。

こちらも併せてどうぞ!

Filed under CG

RayFireのプロパティを探る

2010 3月 22nd
9 Comments

超訳:PhysX.comのRayFireの作者Mirへのインタビュー

で知ったRayfireのお勉強。まだ初の手です。基本的にはシンプルなツールなんですが思うような破壊効果を得るには至っていません。シミュレーション一回の計算時間も中々小さくない事もあり習得に時間がかかっています。とはいえ最初の段階で基礎を覚えておくとそこそこコントロール出来るようになった時にかゆい所に手が届いたりするもので、僅かづつではありますが進めています。国内外問わずRayFireのドキュメントはまだまだ少ないですね。これから触ってみる方は参考にして貰えれば幸いです。
HD再生はこちらから。(on Vimeo)

研究に当たってインフィニティライトさんの和訳記事に助けられています。感謝。

*
Tipsやお勧めのリファレンスサイトがあればこのページにリンクしてTwitterで呟いて頂ければコメント欄に反映されます。宜しければ!

こちらも併せてどうぞ!

Filed under CG
次ページへ »
Recent work (Just a hobby!!) - on Vimeo