Terraon Lifestream

7月上旬近況

2009 7月 16th
2 Comments

まだまだまだ進行形なのです、ぐぬぬ。

仕事どっさりで、日々カウントダウン。
そういえば取材もあって、放送(全国とか?)と紙媒体の。紙ではアニメの撮影職って何してるの?的な話をエンタメとして感じて貰えるようにするという感じでやってみた。話すも聞くもあっという間で、仕事抜きに楽しめたので仕上がりが本当に愉しみ。僕の方もいままでこういう人に取材して〜て興味あった人の名がぽんぽん出るもんでそーなのかあああと目から鱗がががが!
ありふれた、効率を上げようとかとチームの地力はコミュケーションからとかいう話。

AEスクリプトrenderbirdは美しく進化中、作業後の一連の挙動は完全に自動化。
既にして便利過ぎるのだけど、これからだね、とも。
今後はログを残す、生かす方向で。

こうも思う

そんな感じです。
落ち着いたらまた。
日々は晴れやかにお祭りの様で。

こちらも併せてどうぞ!

Filed under Life

[After Effects]ファイルを収集するスクリプト「Renderbird」v0.2

2009 5月 2nd
0 Comments

Renderbird_v0.2を公開します。

renderbird_icon_v02

予告どおりドッキングパネル対応です。
CS2以前には対応してません。
「スクリプトを実行」からアクセスしてもエラーになりますのでご注意を。
ドッキングパネルの導入は以下の通りです。
?スクリプトの中身を
Adobe After Effects CS3\Support Files\Scripts\ScriptUI Panels
にコピーします。ScriptUI Panelsフォルダが無ければ作成して下さい。

?AfterEffectsを起動して、「ウィンドウ>Renderbird_v0.2,jsx」を選択。以上です。

terraonscreenshot2

v0.2から収集完了後にAlertが出ます。
またエラー処理も若干ですが強化されました。
マシンの最大数は何も入力されてない場合は「5」となる様に設定されています。

今後はAlertのON/OFF機能、GUI上からの設定操作など
色々状況に応じた選択&カスタマイズをできるようにしていきます。
「臨時に作って後からリライト」とか面倒なので今後のバージョンで着実に実装していく予定です。

その他のアップデート計画は
アニメ撮影におけるレンダリング支援スクリプト”Renderbird”のこれから。
をご覧下さい。

現状はって感じですけれど。

お試しでダウンロードアイコンを用意しまっ!
download_icon_terraon

こちらも併せてどうぞ!

Filed under CG

アニメ撮影におけるレンダリング支援スクリプト”Renderbird”のこれから。

2009 5月 1st
7 Comments

v0.1の恥ずかしさが異常ですorz
やばいので早々に次バージョンとなるv0.2を公開したいです。

v0.2はGUI付ですよパネルです。ここまで作りました。
renderbird_v0.2

あとちょっとです。
で、その前にRenderBirdの今後搭載予定の機能をメモしておきます。

  • GUIの搭載。「ファイルを収集」ボタンをつけます。(v0.2)
  • 収集フォルダの重複に対する処理を追加。
  • 設定GUIパネル追加。コードの手動編集はなしで。
  • 16bitスイッチ追加(作業は8bit/レンダは16bitにできる)
  • Qpathとの連動(レンダーキューの自動セットアップ)

renderbirdがそこそこの経験を積んで、こんな風貌になったらv1.0に到達。
renderbird_ui

アイコンは巣立ちモードに+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚
Renderbirdボタンは、いくつかの状況下で「複数の自動処理をまとめて実行する」ナニカです。

■コンセプト

次にRenderBirdのコンセプトであり最終的なワークフローの形ですが
シンプルで、作業と作業の間の様々な「定例手続き」を丸々省略してしまう事です。

  1. コンポジット終了
  2. renderbird [1click] >1s未満
  3. コンポジット開始

AEP Projectで色々お話を伺うようになって、VJやモーショングラフィック用途を中心に活躍されている方と、たとえばアニメーションの撮影業務のように、固定されたワークフローを一日に何十回とこなす方とでは、日々のスクリプトの需要やAET、エフェクトプリセット、エクスプレッションの使い分けに差があるという事が段々と見えて来ました。
1日に数十?数百のプロジェクトを開く業務は今のところアニメ撮影が代表選手なのかも。
僕はそういうのと、編集やらエフェクトやらが入ってきて、半々といった所。

何より自分の為に作っていますので、いずれは最後のオペレーションを終えた瞬間から”次はどのAEPを開くか”を0クリックで実現したいなとも思ってます。例えばエフェクトを入れてrenderbirdをクリックしたら、次のクリックはやはりエフェクトの為であって欲しい。
次に自分の処理すべきカットは?というとDBの香りが漂って来ますが、まあ追々詰めていきたい。

こうして鳥はイーグルになってくの。
最後は鳥人間になるのです(゚∀゚)

■特定のテンプレートに特化

Qpathはインハウス向きだから公開版はつけないかも知れません。
いじった事のある方なら夫々の環境向けにカスタマイズできると思いますのでご自由に。
何故インハウスかというと、基盤となる作業テンプレート決め打ちの強みがあるからです。

くどい所ですが、例えば、ある作業ディレクトリの管理方法に規則性を持たせた場合
そこで使用するプロジェクトファイル名「aa00_1111_bbcc.aep」から以下の情報が取得できます。

  • タイトル(aa)
  • 話数、又はバージョンなどサブ情報(00)
  • カットナンバー(1111)
  • テイク種(bb)
  • テイク数(cc)
  • 作業ディレクトリ

マシンの個体情報からは作業者や作業した日時なども、僅か数行のテキストを打ち込めば永続的に取得できてします。これらの情報を元に正しいレンダーキューをAfterEffectsが作成します。その際、AEPの複数箇所への保存やボールドの操作の様なQpathをトリガーにした様々なワークを一括処理する、これがQpathの主な働きです。
元となるプロジェクトファイル名がバラバラだと効率的に機能しないのです。

僕らはCtrl+sを押したり分かりきったフォルダ階層を何度も往復する為に
コンピュータに向かってカチカチやっている訳ではないです。
そんなのCPUにやらせてしまって、珈琲を飲んで本でも読もう。
徹夜の替わりに早起きできるなら、映画でも観てから動き出そう。
コンピュータに奉仕する時間を捨てて、
もっとクリエイティブな活動に時間を割きましょうという話です。

renderbird0.1_icon

その為にも、こいつには頑張って欲しいな。

RenderBirdのダウンロードはこちらからです

こちらも併せてどうぞ!

Filed under CG
次ページへ »
Recent work (Just a hobby!!) - on Vimeo